富士冷暖トップページ >修理保守内容紹介

修理保守内容紹介

富士冷暖株式会社では施工後からの長いおつきあいをさせていただいております。修理保守内容を紹介します。

水まわり

漏水
管から水漏れが確認できる、また管の周辺の色が異様に変色している。天井にシミがある。など漏水は様々な状況で発生してしまうことがあります。原因を追求し、確実に修理致します。


つまり
水の流れが悪い、排水口から水があふれてくる、下水のつまり、また排水口からの異臭など排水のつまりからおこる症状は様々です。つまりの原因も多角的要素が含まれていることがあります。


漏れ検査
どこの蛇口を見ても漏水している様子は無いが、 水道代金が、いつもと違い、高く請求されてしまった。また、このようなことがおこった場合、地中での漏水も考えられます。特別な工具を使って音を感知させて漏水箇所を探し修理致します。

ページトップへ

衛生機器

トイレ
トイレの漏れとつまりはとても怖いです。また貯水タンクの故障やつまりによっても、タンク内に水がたまらないことや、逆にタンクの給水がいつまでたっても終わらないこともあります。
また、便器と床の間からの水漏れやタンクから水漏れなども専門的に修理致します。

キッチンの機器修理
ほぼ毎日お使いになるシンクも水廻りのトラブルとしてしばしばご相談を受けます。シンクの流れが悪い。排水管からの水漏れ、水が出なくなってしまった。そして、水栓をきちんと締めてもぽたぽたと漏水をしていて止まらないことなど様々です。トラブルは早いうちに直した方が大事になりません。遠慮なくご相談ください。

洗面所
洗面台の下が湿る、水の流れが悪い、水栓から漏水している。シャワーの水の出が悪い。高機能洗面台が昨今出てきておりますが、高機能ほど、原因が様々ですので、修理の難易度もあがってきます。
メーカーや型式により修理方法も違いますので是非その際はご相談ください。

ページトップへ

エアコン

フィルター清掃
エアコンの異常な状態としては、スイッチを入れた際に「臭う」また運転音は大きいが、「効きが悪い」このような症状は、やはりフィルター清掃が必要になります。一般的には、業務用エアコンで、半年から1年以内/1回。家庭用なばら、1年に1度は清掃が必要になると言われております。


機器故障
冷房が効いていない、異音がする、暖房能力が下がった気がする。操作ができない。リモコンが効かない。やはり、機械なので故障はつきもの。操作の問題もあるし、根本的な機械の故障かもしれません。そんな時は、我々専門家のアドバイスをご利用ください。


移設
エアコンの移設は、テレビや洗濯機の様には行きません。室外機と室内機の間のパイプにも特殊なガスが詰まっておりますので、外して移動なんてもちろんできません。弊社ではもちろん1台でも移設のみの施工も可能です。そのようなご希望があれば是非ご相談ください。


ドレン管のつまり
エアコンを稼働すると、除湿効果により除湿された水は、エアコン本体から室外まで勾配を利用して排水されます。エアコンの取付業者の不手際で、勾配率が足りず、水が逆流もしくは停滞し、そこに、室内のほこりなどのゴミが長期ドレンパイプ内で停滞してしまいますと、つまりが発生します。応急的なつまりを直す方法もありますが、施工内容によっては大掛かりな修理も必要になる場合もあります。

ページトップへ

給湯器

機器故障
お湯が出てこない、給湯温度が不安定、リモコンの温度変更ができない。給湯機器もマイコンが搭載されるようになり、修理箇所を断定するのも難しくなってきております。こんなトラブルがあったら、すぐにご相談ください。

ページトップへ

業務用加湿器

機器故障・清掃・フィルター交換
業務用加湿器となりますと定期点検が必要になります。弊社では室内の加湿機能を保つ気化式加湿器をお奨めし、施工しております。


ページトップへ

貯水槽清掃

清掃・定期点検
貯水槽設置者 管理者様は安全な水を提供する義務があります。 水道法やビル管理法において、10t以上の貯水槽は年に一度定期清掃や水質検査の受検を定められております。また10t未満の貯水槽も年に1度の定期清掃を行う指導がされており、弊社でも多くのメンテナンス作業を遂行しております。

ページトップへ